みなさん、こんにちは!
いかがお過ごしでしょうか?
マルチカバー制作をしております遠藤亜希子と申します。初夏の陽気に包まれる、心地よい季節の到来ですね。

先日我が家では、このさわやかな空気を味方に思い切って家中の掃除と断捨離に取りかかりました。

20_01

↑次号撮影の準備中。

自分と向き合った1週間。中でもアトリエ掃除には驚く程エネルギーを消耗しました。制作に欠かせない大切な布や資料、道具、撮影に必要な小物たち。捨てる、捨てないの判断が大変な作業なのです。例えば布の場合、先ずは1枚1枚の布にアイロンをかけます。出会った頃の美しい佇まいを取り戻した布になってから、初めて分別を考えます。

20_02

↑「パフのサシェ」

リバティ布でパフ2個を合わせてサシェにします。ハーブの香りをスプレーすると、梅雨の季節もさわやかな香りが漂います。近著「ボンジュール!バッグと小物の素敵なアイデア」(主婦と生活社刊)掲載作品

作業中にはいろいろなことが頭を巡りますが、発見や次へのアイディアが浮かんだりと良いことの方が多いから不思議ですね。インプット、アウトプットの作業は本当に大切だなーとあらためて感じ入りました。アトリエの空気感もクリアーに、今後の制作時間がますます楽しみになりました。

20_03

↑「フリルのクッションと巾着」(著者本掲載作品撮影:安田仁志)

肌触り抜群のリバティ布を断ち切りで使用しています。近著「ボンジュール!バッグと小物の素敵なアイデア」(主婦と生活社刊)掲載作品。

さて、いよいよマルチカバーの撮影も後半戦に突入です。1回の撮影カット数が増えると同時に、撮影準備の量も増えるばかり(苦笑)少しずつ準備を進める毎日、幸せなことにリバティプリントに触れない日はありません。

20_04
↑「ボンジュール!バッグと小物の素敵なアイデア」(主婦と生活社刊)

マルチカバー制作には、季節の移り変わりや思い出が詰まっています。きっと、読者の皆さまのそれぞれのストーリーが生まれていますね。ぜひご一緒に、素敵なストーリーを完成させましょう。

 

「~夏の親子ソーイング教室開催のお知らせ~」

バレエシューズモチーフのミニバッグをミシンのステッチを楽しみながらご一緒に作りましょう!
詳細は、6月7日発売のコットンタイム7月号に掲載予定です。

20_05
 

読者コミュニティに大集合!『We Love Liberty』はこちら読者専用コミュニティ 『We Love Liberty』に大集合