「リバティプリントでハンドメイド」の読者のみなさま、こんにちは!渡部由紀です。
3月は桃の節句ですね。会津では男の子が生まれると『会津天神様』を飾る風習があります。会津天神は学問の神様として広く親しまれ立派な人物に成長するようにとの願いが込められているそうです。我が家でも毎年飾っています。

1701

↑美しいお顔立ちの会津天神様です

暖かな春が待ち遠しくもありますが、実家のある桧原湖や磐梯山雪景色はとても美しくそして懐かしさに心癒されもうしばらく見ていたい気持ちになります。桧原湖に氷が張るとカラフルな穴釣りのテントがいくつもでき、ワカサギなど穴釣りのお客様で賑わいます。この雪が消えて新緑の季節がきたらまた美しい表情を見せてくれる磐梯山と桧原湖です。

0172

↑磐梯山と氷が張った桧原湖です

今年はまだ雪の残る会津ですが青空が広がると暖かな日差しが心地よく、春を感じられてうれしくなります。 私にとって春は年始よりも新鮮な気持ちでがんばろう!と思える時期です。 布や副資材の整理もしたくなり、やり始めたら止まらなく部屋中に広げてやっています(笑)
布の整理をしているとリバティはどんなに小さくても可愛くて捨てられず大事にとってあります。これはきっとみなさん同じですよね♪

1703

↑ペンケースとお揃いのポーチとキーホルダー

そこで担当させていただいた40号のペンケースで使用したリバティプリント・マイケルを使いきってみました。早速、10×5の小さなポーチにはいつもどこに置いたっけ?と探してしまうUSBを入れました。布の縦横は気にせず残りの布を使い切ったキーホルダーに綿を入れてぷっくりさせたら「小さな枕みたいで可愛い!」とテンションUP!でも冷静に考えたらただの長方形(笑)
でもこれがリバティマジックですよね。どんなものでも絶対可愛くなってしまうのですから♪

1704

↑ちょっとしたプレゼントにも喜ばれそうです♪

今までのキットのリバティプリントの小さなハギレでくるみボタンのヘアパッチンも作ってみました。くるみボタンの足をニッパーでカットしてボンドで接着するだけと簡単です。

みなさんもハギレで作った可愛いリバティ小物をぜひ読者コミュニティ「We Love Liberty みんなのギャラリー」でご紹介くださいね。